作成日:2014/01/14
ベトナム視察旅行(2013.11)研修レポート



2013年11月9日〜13日に、ベトナム現地視察旅行を開催し、
16名の会員の皆様と一緒に、近年成長著しいと言われる都市、ホーチミンを視察いたしました。

11月9日

□市内視察

 街の様子を視察

 よくテレビ等で見る、「バイク渋滞」を体験
 しました。
  ホーチミンの人口775万人に対し、バイク登録数
  は550万台でなんと所有率70%。
  成人だけで考えれば、1人1台は持っているような
  計算です。

  3,4人乗りは珍しくなく、中には5人乗りも。
  電気屋さんは冷蔵庫を抱えて片手運転
 していました。




11月10日

□歴史と文化を学ぶ

 統一会堂    
 歴史博物館
 サイゴン大教会
 中央郵便局
 人民委員会

 近隣国や、支配を受けていたフランスの文化が
 建物や食事等に様々な影響を残しています.

 






 

11月11日

□現地研修×3 

1.「ベトナム進出最新事情」
講師:NAC Globalベトナム ホーチミン事務所 所長 安藤氏

2.「ベトナム進出検討にあたり押えておくべきトピック」
講師:大垣共立銀行 ホーチミン事務所 所長 伊藤氏

3.「住居、オフィスから工場まで。ベトナム最新不動産情報!」
講師:不動産クリエイション(Tan Nhut Co.,Ltd) 代表 鈴木氏

 実際にベトナムで生活、ビジネスをされている
 お三方からのお話はとても興味深いものでした。
 
 ベトナム人ガイドさんの視点とは異なる、
 「日本人だからこそ」気になること、驚いたこと、
 気を付けることなど、進出を検討する上で
 重要な材料となる内容が数多く含まれてい
 ました。

 研修後は講師を交えて昼食を取り、参加者
 の方はそれぞれ現地の様子を尋ねたり、
 進出についての質問をされていました。


□日系企業視察

 ○エースコックベトナム  

 ○いすゞベトナム     

 
  どちらも、生産ラインを見学。
  人件費が安い為、日本であれば当然
  機械で行うような作業でも、手作業
  で行われていました。

  ベトナムの様々な事情や国民性を踏ま
  えて、どちらの企業も 商品や製造・販売
  方法、また雇用の方法等についても
  工夫をされていました。

  海外事業のデメリットやリクスについても
  お話いただき、大変参考になりました。















11月12日

□その他
 
 ○ニョンチャックV工業団地  

  ・ベトナム南部の経済地区に位置する工業団地。
  ・面積700ヘクタール(東京ドーム149個分)

  ・レンタル工場はこの広さで35万円/月程度。


























 ○バリア・ブンタウ職業訓練校  

  ・5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)が徹底されて
   おり、実習室や校舎全体はとても綺麗でした。

  ・日本語の授業もありました。

















 ○カイメップ港 

  ・2015年に開港予定

 












ここ最近目覚ましい発展を遂げていると聞くベトナムの、
日系企業の現状や、現地の雰囲気を実際に見て、聞いて、触れることで、
その勢いを感じ取ることが出来ました。


参加された方のお声

「・今回初めて参加させていただきましたが、とても充実した、いい視察旅行でした。進出して成功した例や、思いがけず失敗した例、どちらのお話も聞けて良かったです。」

 

「・日系企業の率直な実感がうかがえてとても参考になりました。個人的には視察の目的は現地の生の情報に接することだと思っておりますので、初日に座学でアウトラインをつかんでから様々な現場に触れるというスタイルはなかなか良いと思います。」

 

「・こういった研修は、何かと講師の方が、利益目的が多く、生の現地の声が聞こえてこない場合がありますが、今回は、現地の良い点も悪い点も一緒に伝えていただいたことが、非常に参考になりました。」

 

「・自分が日本にいてマスコミ等から得ていたベトナムに対して抱いていたイメージをかなり修正することができたと思います。」

 

「・参加者の先生達とも情報交換が出来て、良かった。」



今回ご参加いただきました会員様は、まだまだ実際にベトナムへ顧問先が進出されているというケースは少なく、中国やタイ、インドネシアに関しては知識があるけれど、ベトナムについては、今後将来的にニーズがあるかもしれないが訪れたことがない、との理由でご参加いただいた方が多かったように思います。今後の進出についての事前知識を現地で多方面から得ていただけたのではないかな、と感じております。


 過去の視察旅行

 2011 上海・蘇州

 2012 香港・深セン


2014年も、中国アジア内にて今後進出が予想される国への視察旅行を予定しております。
会員様には、先だってご連絡させていただきますので、またご参加をお待ちいたしております。



                                           お知らせTOPへ戻る


 

 

052-962-7811

052-962-7811



中国アジアリンク
名南コンサルティングネットワーク
 

中国アジア
中国アジアHP
ご利用のブラウザのお気に入りに追加します。( Internet Explorer のみ利用可能)