作成日:2014/02/20
2014年4月「中国における移転価格税制の現況と最低限おさえておくべきポイント」研修



〜中堅・中小企業が考えるべき厳選ポイントの集中講義〜

2012年7月に続く移転価格税制第2弾。中国の移転価格税制についても黎明期を過ぎ、比較的小規模な案件でも調査対応が求められるケースが増加している。最新の状況報告と、最低限おさえておくべきポイントは?


内容
中堅・中小企業でも中国を始めとするアジア各国に子会社を有し、事業を展開することが当たり前になってきました。アジアでの移転価格実務対応は欧米における対応と比べ、「法律どおりに運用されない」「初動対応の巧拙が大きい」など、注意すべきポイントがいくつかあります。本研修では、中国の移転価格税務実務を題材に、移転価格税制の概要、関連規定の解説から、税務調査の実務、アジア各国に共通する移転価格対応のポイントを実践解説します。

*移転価格税制の概要
*日本における中堅・中小企業
*中国の移転価格税務実務の状況
*日中移転価格調査の事例紹介
*調査対応のポイント
*“調査を受けない”移転価格対策
*移転価格事前対策
*アジア諸国での移転価格税務対策のありかた


以上を中心に、生の事例を沢山ご紹介させていただきます。

↓申込み・詳細・講師の情報はこちらから
http://www.mykomon.com/seminar/entry/1404asia.html
 

052-962-7811

052-962-7811



中国アジアリンク
名南コンサルティングネットワーク
 

中国アジア
中国アジアHP
ご利用のブラウザのお気に入りに追加します。( Internet Explorer のみ利用可能)