作成日:2015/09/01
2015月10月  香港の税務会計労務 基礎知識と最新動向研修



世界有数の自由貿易港・金融センターとして名高い香港。1997年に香港が英国から中国に返還されてからも、国際ビジネスを進めていくにあたって理想的な場所のひとつです。近年、日本企業においては香港が中国ビジネスの窓口としてクローズアップされていましたが、現在は、中国からASEANを含めたより広い地域の窓口としてさらに注目が集まりつつあります。

本研修では、現場での実務経験豊富な講師を迎え、香港の投資環境、税務・会計・労務の基礎知識等の概要に加え、新会社条例の及ぼす影響、印紙税の改定、税務局の査定事例をお伝えします。香港進出企業を顧問先としている会計事務所が、最低限理解しておくべき一通りの実務について基礎知識から現在の動向まで学んでいただける内容となっています。

※2011年に基礎研修として開催した香港基礎研修の継続版として、基礎知識に加え、最新情報をご案内します。

【内容】
 1.投資環境及び日系企業の進出状況
 2.税務、会計、労務の基礎知識  印紙税の改定
 3.税務局の査定事例
 4.新会社条例の影響

【講師】
村田 学 
米国公認会計士
NAC国際会計グループ 香港事務所 所長

2006年のNAC国際会計グループ参画以前、日本国内の大手メーカー、税理士事務所、北米のサービス業、日本の外資系大手金融機関、香港の日系大手メーカー等において、国際会計・税務やSOX法に基づく内部統制業務など経理・財務・経営企画に従事。香港の会計・税務アドバイス、日系企業のアジア進出支援、アジア各国を跨ぐ組織再編支援など、国際計・税務を中心としたコンサルティング業務に精通。

【会場】
東京会場:2015年10月5日(月)14:00〜17:00
 株式会社名南経営コンサルティング 東京事務所(千代田区内幸町1-1-7 日比谷ビルアネックス2F)

大阪会場:2015年10月2日(金)14:00〜17:00
 株式会社名南経営コンサルティング 大阪事務所(大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル8F)

詳細はこちらをご覧ください。
 

052-962-7811

052-962-7811



中国アジアリンク
名南コンサルティングネットワーク
 

中国アジア
中国アジアHP
ご利用のブラウザのお気に入りに追加します。( Internet Explorer のみ利用可能)