作成日:2018/06/01
7月セミナー開催情報/海外進出後の税務調査事例ケーススタディ



海外進出後の税務調査事例ケーススタディ

中国アジアに限らず海外全般参考にしていただけます。初心者にオススメ!

世界的に国際課税に関する取り締まりは強化されてきており、それは日本においても例外ではありません。事実、税務調査の際には、海外現地法人との取引など国境をまたいだ取引に関する指摘が増えてきています。

本研修では、実際にあった税務調査事例を基にケーススタディ形式で解説いたします。国際税務に関する基本的事項も触れながら進めますので、初心者でも参加いただけます。今まで海外現地法人を有するクライアント企業を担当したことがない職員様むけの基礎編です。初心者でも理解いただける内容となっております。

 

おすすめの受講対象者

・海外に進出している、あるいは進出予定の顧問先の担当者(中国アジアに限定しません)
・国際税務に関する基本的知識を学びたい方

 

 

講師

浦田雄治
税理士法人名南経営 国際部 税理士

2012年に税理士法人名南経営に入社。現在は海外子会社を有する日本親法人に対する税務顧問を主軸として、海外取引を含む様々な事柄に関する税務アドバイス提供し、お客様の税務リスク軽減のために活動している。


■今回は特別価格でご受講いただけます!詳細・お申込みはこちらから

 

052-962-7811

052-962-7811



中国アジアリンク
名南コンサルティングネットワーク
 

中国アジア
中国アジアHP
ご利用のブラウザのお気に入りに追加します。( Internet Explorer のみ利用可能)